住まいのダイエット。おもしろいですよね〜。

毎週、欠かさず見ておりますが、7月9日の放送のまちゃまちゃさんの実家の状況は、うちの実家と重なる部分が多々ありまして、他人事のようには見れませんでした。

・使わなくなった店舗に骨董品・民芸品を置いてある。

・いつの間にかどんどん増えている。

・使わないモノで溢れている。

・片づく気配がまったくない。

高齢で病気になってしまったお母さんの生活環境をよくしてあげたい。
娘としてどうにかしたい!とずっと心配している気持ち、もーーーう、分かりますっ。

今回のコーチがまた、私が密かに尊敬している古堅純子さんでしたので食い入るように、見ていましたよ。

実家のお片づけにプロの手を借りるのは、とてもよいことだと思います。

自分たちで解決しようとすると…↓こうなります。

・両親がどんどん年を重ね、動けなくなってくるわりに、私たち子どもに片づけさせてくれない。

・私も「こんなのいいかげん捨てなよ!」なんて大切なモノに対してヒドい言葉を発してしまう。

・おかげでなかなか片づけが進まない。

・何度もぶつかってしまう。

お片づけのプロが間に入ってくれるととても助かりますしスムーズに行くんですよね。

コーチの古堅さんが、まちゃまちゃさん(娘)の気持ちもくんでくれて、お母さんのペースに合わせて、お片づけしていく様子は、優しさに溢れていてキュンとなりました。

お母さんにとって骨董品は亡きお父さんとの思い出とともに地域の人と繋がる大切なモノ。

キレイに並べて、お茶ができるスペースもできてお母さんのうれしそうな顔ったら。

こんなチグハグな骨董品なんかいらない!と私は父に毒ついていたのを反省しました。

それぞれの生き方があり、それぞれに大切なモノがあるんですよね。

古堅流、生前整理とは。
死ぬための準備ではなく、前向きに生きるための整理。

なんかもう、希望が広がっていきますね。

生前整理がさらに好きな言葉になります。

古堅さんの収納で見習う所はたくさんありますが、今回は高齢のお母さんに合わせて、しまわない収納をされていていましたね。

・取り出すことが一苦労。
・探す手間が体に負担。

それならいっそしまわなくて取り出しやすい収納を!

なんて臨機応変なんでしょう。
これは、私も実家でぜひやりますわ。

たくさん発見があって、勉強になりました。

使わないモノを大幅に減らしたそうで、1230キロ!!のダイエットになったそうです。

どんだけー!!

ちなみに、骨董品、民芸品はいっさい捨てていないとのこと(笑)やっぱり。

「ゴミと一緒に暮らしていたんですねー。」というまちゃまちゃさんの一言は笑っちゃいました。

とってもおもしろい回でした。 

ただ。

ただね。

私は物申したいことがひとつあります!

単なる視聴者ですが、とにかく言いたい。

それは、住まいのダイエットを1日で終わらせないでほしい。ということ。

まだまだ減らせると思います

もっともっとスリムになれます。

ダイエットは1日で終わらないように、お片づけも継続が大事なんですからー!

どうか住人の方が、住まいのダイエットを続けていってリバウンドがないことを願っています。

また、次回もと〜っても楽しみにしています。

 

古堅式!片付け&掃除ハンドブック。プロのお仕事を見せてもらいました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

ためになる記事はこちらから↓↓↓
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

捨てる、手放す、ミニマルに生きよう♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

↓↓↓節約、貯蓄の勉強になります

ブログサークル作りました!

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

1,197 total views, 25 views today